身元保証人がいないときの医療機関受診

単に通院だけで治療がすぐに終わるような医療機関の受診であれば問題がありませんが、入院等で長期にわたっての治療が必要なときには身元保証人を立てるように言われたりしますが、いない場合にはそのことを正直に言うしかありません。

身元保証人がいないの情報を提供中です。

この場合、万が一の時に連絡すべき相手が存在しないということで医療機関側が対応に苦慮することがままあります。


また医療費の支払いの問題で困ってしまうことが少なくありません。
それでも医療機関側は身元保証人がいない場合でも治療はしっかりと行います。また医療費についても患者負担部分以外で健康保険証の発行元である保険者に対してはレセプトでの請求が可能であることから、自己負担だけが問題になり得ます。

病状の急変等による連絡先が見当たらない場合には、行政機関との相談という形で対応をするケースもあるなどいろいろなケースがあるところです。

患者側は身元保証人がいない場合にはあらかじめそのことを医療機関側に伝えておくとともに、入院時などの対応でも話をすることになります。



大抵は医療機関内にいるケースワーカーなどが対応に当たり、詳しい話を彼らにしておくことで対応となるケースがほとんどです。入院があらかじめ決まっている場合には入院申込書を記入することなどにより身元保証人がいないことが伝わります。


したがってその場合はあとは医療機関内での対応を考えるようになるわけです。



患者側がそのことでとかく動くことが必要になるわけではありませんが、正確な記載は必要といえます。