入院する際に身元保証人がいない場合

病院に入院する時には申込書を書きますが、そこには住所や氏名、連絡先、過去の病歴、生活習慣などの様々な記載を求められます。これらの項目は入院後の治療に必要なものばかりですので、治療を行う上で病院側が把握しておきたい項目です。

身元保証人がいないについて紹介しています。

それ以外には入院時の身元保証人も必要となり、本人の身元を証明する情報に関する事柄は病院によって異なりますが、身元保証人の欄はどこの病院でも例外なく求められます。


たとえ短期間の入院であっても書かなければなりませんので、身元保証人として依頼するような相手がいないケースでは困ってしまいます。



依頼できる相手がいない場合、まずは無理をしてでも頼めるような知り合いはいないかを確認してみて、次に検討すべきなのが勤め先です。



職場でも頼めないとなれば、最終的には保証会社と契約することになります。
最近では一人暮らしで親族もいないという人も増えており、保証会社を利用する人が増加しています。保証会社では患者さん本人と会社間で契約を行い、会社が身元保証人として緊急時の対応をしてくれますので安心です。

支払いが困難な場合には立替え払いもしてくれて、入院時に必要なものを購入したり、万が一亡くなった時や意思を表示できないようになった時に身辺整理も請け負っています。

利用する場合には事前に保証会社と相談しながら契約を結ぶことになり、契約金の支払いも必要になりますので、あらかじめ準備をしておくことが大切です。