身元保証人がいない場合における医療機関入院

医療機関で入院を行う際には万が一に備えて緊急連絡先や身元保証人の記載を入院申込書などに求められることが多いですが、そもそもいない場合は記載のしようがありません。
この場合は記載を求めてきた担当者にその旨を伝えておくことです。

身元保証人がいない情報を多数ご用意したサイトです。

万が一の場合は医療機関側である程度は対応します。



入院等における費用の問題はその人の加入する健康保険である程度はまかなうため、心配されることは少ないです。
ただし自己負担部分についてはその支払いを求められ、入院等治療を受けている本人にまずは請求します。

入院が月をまたぐ場合は月替わりを持ってまずは月が変わる前の分の請求を行い支払いを求めるケースが多いです。


まとめて支払いを求めるのではなくある程度は前もって支払いを求めてきます。

身元保証人がいない場合でも月ごとで締めているため、医療機関側も未払いになる危険性は減ります。


ただこうした支払いのルールは医療機関ごとに違っているのでその入院先の医療機関によく確認をすることが大事です。
身元保証人がいない場合であっても原則は月ごとで支払ってもらうことに変わりはないため、ある程度の資金が必要になります。



可能であれば入院などの前に高額療養費制度における限度額認定証の交付を受けておくと、窓口負担は減らせます。
差額ベッド代などは対象ではありませんが、一般的な医療費の負担は大きく減らせますので加入先に連絡しておいて事前に用意をしておくと安心です。